【婚活トークレッスンのご案内】

「お見合いで自分は楽しかったのに、なぜかお断りの返事がきた・・」理由                                                     

お見合い 楽しいのにお断り


婚活でのお困りごとを解決に導く結婚相談所
Jun marriage婚活カウンセラーの泉です。

このブログでわかること
  • お見合いで楽しく話ができたのにお断りが来た本当の理由
  • 女性が求める楽しいお見合いとは?

お見合いで楽しかったのになぜお断りが・・・?

「お見合いで自分は楽しかったのに、なぜかお断りの返事がきた・・」という経験をされている方は本当に多いです。
これは「自分では気が合ったと思った」のに「お相手は自分とは合わなかったんだ」という理解をされてしまう方が多いのですが・・
残念ながらそういう理解のままでは、婚活はさらに迷走してしまいます。

お見合い相手の気持ちを考えてみよう

婚活カウンセラー泉淳子

私のところにご相談にきた婚活女性から、このようなお悩みを伺います。

婚活女性K子さん

「どんな男性と話しても心から楽しいと思えないんです」
「むしろつまらない方が多いんです」
「会話を拾わないと、会話が続かないお相手もたくさんいるんです」


婚活カウンセラー泉淳子

こういったお悩みを持っている婚活女性は、お相手の男性が不快になるような仏頂面をしたり、いかにも不機嫌そうな顔をしたりというようなタイプでは全くありません。
むしろ、雰囲気の良い、感じの良い方が多いです。
このような婚活女性は、お見合いの時も婚活男性に合わせて楽しそうにしていることが多くあります。

ですが婚活男性は、そんな深読みは出来ないので、この女性は不快そうな顔はしてないし、圧力も感じないし、楽しんでもらえているんだよなと思ってしまうのです。

婚活女性が疲れてしまう会話

お見合いで楽しかったのは誰なのでしょう?

不快そうな顔をしていないだけでは、交際にはつながりません。
つながったとしても、2回目のデートにはつながらない可能性が高いです。

2回目のデート つながらない

お相手があなたに合わせているのかどうかを分かるためには、あなたのトーク力があるかどうかにかかってきます。

トークが上手な男性は、女性が自分の話で楽しんでくれているかどうかがすぐ分かります。
なぜなら自分のトークに自信があるからです。

自分のトークに自信があるから、お相手が本当に笑って、笑顔で心から楽しんでもらえているという感覚がわかるのです。

楽しい会話というのは、自分一人で一方的に話すものではなく、一問一答形式の質問型のものでもありません。

お見合いでの会話に困らない方法!

楽しい会話とは無意識に楽しい時間が過ごせること

楽しい会話というのは、何気なくずっと話しているようでいて、話題がどんどん自然に変わっていくものなのです。
意識をして話すことではなく、無意識に楽しい時間が過ごせるということです。

これを話さなければという意識では会話は弾まない

  • これを話さなければならない
  • 仕事の話だけはしておかなければ
  • 家族の話もしておかなければ
  • 自分の嫌いな食べ物だけは伝えておこう・・
  • お相手にこれだけは聞いておかなければ
  • 結婚後の話も必要だし
  • プロフィールの趣味のことも聞かなければ・・
  • 自分の趣味も理解してもらいたいし・・

というような内容で頭がいっぱいのようでは、ほとんどの場合、あなたがうまく行った気になっていてもお相手の婚活女性があなたに合わせてくれただけです。

婚活女性が疲れてしまう会話

女性にとっての嬉しい会話とは

楽しい会話ができる人は「今日はこれを話そう!」というようなことをきっちり決めておかなくても、自然に話題が出てくるのです。

自然に出てきた話題の方が、婚活女性としては嬉しいことが多いです。
もちろん最初のとっかかりはプロフィールに書かれていることで充分です。

何もない状態から何かを引き出さなければならないわけではありません。
プロフィールに書いてあることを一つでも聞けて、そこから話題が広がっていくことが楽しい会話に繋がります。

例えば、旅行が趣味と書かれていた場合には、
「最近はどこに行かれたのですか?」
といった内容を投げかけたとします。
これ自体は何も問題なく、良い投げかけです。
ですが、ここからが問題です。

ここから「どこどこです」という答えに対して、
「何か思い出はありますか?」
「何か買いましたか?」
「次はどこに行きたいですか?」
というように、さらに質問攻めをしてしまう方がいます。

○○つながりをきっかけにしよう!

大事なことは、
「どこどこです」という返答に対して、自分からも話を広げようとしてみることです。

つまり、「北海道です」というような返事だったならば、
「北海道いいですね。北海道と言えば美味しいものがあるイメージですが何か美味しいものは食べましたか?」
というような返答であれば女性側もそのあとの会話が続けやすいのです。

この【美味しいものつながり】から自分の好きな食べ物、苦手な食べ物に発展していける可能性もあるのです。
そこで自分の話もできるわけです。

まとめ

いかがでしたか?

女性は楽しいなと思えた時、お相手の男性に対して心から笑えます。
逆に、「自分は頑張っている」と思う瞬間があるだけで、疲れがたまってストレスを感じてしまいます。

もしも、
「僕だって、頑張って会話しているのに相手が全く拾ってくれない。会話を広げようとしてくれない」
というお悩みを抱えている方は、あなたが今まで会話だと思っていたものは、一問一答形式の一方的なものではなかったかどうかを考えみてくださいね。

またお見合いや仮交際で会話が弾まないとお悩みの方は、一度無料体験レッスンをご利用ください。
婚活カウンセラーの泉淳子が日本一わかりやすいトークレッスンを開催しております。
お気軽にご相談ください。

婚活カウンセラー泉淳子

Jun marriageは【恋愛が苦手な男性のための結婚相談所】【どうしても結婚できない人の婚活塾】として、多くの悩める婚活男性のお役に立てるよう努めています。

どうしても結婚できない男性のための婚活塾とは?

婚活のご相談・お問合せは

ABOUT US
泉 淳子婚活カウンセラー
結婚相談所 Jun marriage 婚活カウンセラー泉淳子です。 当初恋愛が苦手だった男性も成婚実績が数多くある結婚相談所です。 結婚に必要なのは、恋愛経験ではありません。 これまでの実績で、結婚相談所での活動には多くの恋愛経験は必ずしも不可欠ではないと確信しております。 挫折しない婚活を提供しております。
ご相談予約&お問い合わせ