デート代をご馳走することを悩む男性は婚活が上手くいかない

「お相手の気持ちがわからない」
婚活でのそんな悩みを解決する
Jun marriage婚活カウンセラー 泉淳子です。

今回はデート代金をご馳走することに抵抗を感じる男性についてです。

 

 

男性は、デート代金を負担することが増えると婚活そのものが負担になってくることがあります。

「デート代金を毎々支払うのをいつまで続ければ、婚活が上手くいくのか・・」
「永遠にデート代を払い続けることになるのか・・」
などなど。。

不安はつきものですよね。

当結婚相談所では、デート代は男性が払いたければ払えばいいという考えです。

そもそも、今の時代、女性も働いている時代です。
男女平等といわれている時代になぜ男性がご馳走をして女性がご馳走をされるということがあるのでしょうか。。

結婚しても働きたいと思っている女性に対して男性が無理をしてご馳走をしなければいけない理由はないはずなのです。

それでも、男性はデート代を支払いたい気持ちになりたい瞬間があります。

男性がデート代を支払いたいと感じるのは、交際中の女性に対して優しい気持ちになった時や「またお会いしたい」と自然に思えた時です。

そのような気持ちになった時に、デート代を支払いたいなと自然と思えるのです。

なので、デート代は男性が支払わなければいけないというルールの中で婚活をしていると、上手くいかない時に、とても苦しくなってしまいます。

嫌だと感じるようなら、デート代を割り勘でもいいのです。

それが、あなたの答えですよね^^

デート代を支払いたくなる女性との交際をした方が、あなたもとても楽な気持ちで婚活ができるはずです♪

決めつけた婚活をしていないかルールにがんじがらめになっていないか考えてみてくださいね。

デート代をご馳走することを悩む男性は婚活が上手くいかない” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。