関係性を作るのに時間がかかる反面、関係性が崩れる時は一瞬・・

「お相手の気持ちがわからない」
婚活でのそんな悩みを解決するJun marriage婚活カウンセラー 泉淳子です。

 

今回は、せっかく良いなと思える関係の交際相手から、交際を終了されてしまったというケースについてです。

 

 

 

IBJ結婚相談所での婚活は、出会いから約3カ月間で結婚するお相手を決める活動になります。

これは通常の活動ではあまり考えられないことではありますよね。
婚活事情を知らない方からは、
「3ヶ月でお相手を決めるなんて!」
「お相手のことがよく分からないうちに結婚を決めてしまっていいのでしょうか。。」
というような声が上がってくることもありますが、そこはご安心ください。

そもそも、通常のお付き合いの中でも交際期間が長かったからといって、お相手の全てが分かるということはありません。

結婚していいお相手かどうかについては、ポイントや見極めが必ず必要なのです。

ただダラダラ長くお付き合いをしていれば分かるわけではありませんよね。
結婚するお相手として問題ないのかどうか決めて頂くポイントがあっていれば、問題なく結婚することが出来るはずです。

今回のケースは、良いなと思って交際をしているのに、ある日突然お相手から交際終了の連絡が入ってしまったという状況のお話になりますが、実はよくあることなのです。

何度もこのブログでお話ししていますが、女性は、男性を好きになるのに時間がかかります。
それに対し男性は、会った瞬間からも、「この人いいな」と思えたらドンドン先に進むことができます。

この温度差があることをまずは頭に入れてみましょう。

そして、女性の時間がかかる理由としては、「恋をしたい」と思う気持ちが根底にあるからです。

交際中に、「この人いいな」と思えるまでに時間がかかるのですが、男性側は、もうお相手のことが好きになっているので話をどんどん進めようとしてしまいます。

そして、女性側の気持ちが置き去りになってしまっていることに気づかず、結婚後の話を具体的に詰めようとしてしまったり、経済的な生活費の話をしてしまったり・・現実的な話をどんどんしてしまうことにより、女性の気持ちがどんどん覚めていってしまうのに気づかずある日突然、交際終了の連絡が来てしまうというパターンです。

女性に自分の気持ちを理解してもらおうと、結婚後の生活設計について真面目に考えている人こそが突然お相手から交際終了されてしまうというケースはよくあります。

男性側では、構築関係が築けていると感じていたので、交際終了の淡々とした連絡は会員さんにとってもとても辛いことなのです。

そして、突然交際終了されてしまう方は、同じことを繰り返してしまう傾向にあります。

なぜなら、男性は「結婚なんだから!現実的な生活設計を考えないと!」という現実を考えてしまうことが多いからです。

それをお相手の女性に伝えるのは当然ですしそれを理解してもらえないのに結婚出来ないと思ってしまうからです。

仰るとおりなのですが、女性側は先ほどもお伝えしたとおり、恋をしたい生き物なのです。

当結婚相談所では、女性に伝えるタイミングについてもアドバイスを得意としております。
絶妙なタイミングが必要なのです。

当結婚相談所では分かりやすく具体的にアドバイスをしております。

絶妙なタイミングを逃さないアドバイスで、交際を突然終了されない人へ、進化をとげてくださいね^^