恋愛が苦手な男性のための婚活塾

仮交際の順調な進め方は交際相手の距離感をつかむこと

仮交際相手の距離感

「お相手の気持ちがわからない」
婚活でのそんな悩みを解決する結婚相談所
Jun marriage婚活カウンセラー 泉淳子です。

今回のテーマは、交際相手との距離の近づけ方についてのお話になります。

恋愛が苦手な男性の場合、お相手との距離の近づけ方がわからず、知らず知らずに前のめりになってしまい、女性が引いてしまうことがよくあります。
異性と付き合った経験がないため、それは当然とも言えますが、交際相手との距離の近づけ方がわからないと、交際終了を繰り返してしまうことになります。

異性と付き合う始まりとは。。

そもそも、異性とのお付き合いは、いきなり付き合おう!のようなことを前提に思ってしまうとお相手との距離感がつかめずに、一方的にお相手に攻め込んでしまうような結果になります。

異性とのお付き合いという特別な意識を持つのではなく、お友達を作る感覚が必要なのです。

ですが、お友達を作る感覚も大人になるとなんとなく忘れてしまうこともありお相手との距離の近づけ方を間違えてしまうことが考えられます。

特に男性は、いきなり距離を近づけてしまう傾向にあります。

何より、男性は、お見合い後に交際がOKになった時点で結婚へ一歩近づいたと思ってしまいがちです。
そもそもそこが間違いです。。

女性は男性が思っているよりもゆっくりと時間が流れている

女性は男性が思っているよりもゆっくりと物事を考えています。

そのため、自分の気持ちや思いを優先するのではなく、交際相手の女性に合わせた行動や言動が必要になります。

それには、何度もブログで登場しているLINEの活用が必要なのです。
ですが男性は、女性に一方的にLINEを送ってしまう傾向にあります。

例えば、男性が送ったLINEに女性側から返事がないと、なぜ返事がないのかが気になりもう一度送ってみよう!と何通も続けて送ってしまうのです。

これは大変大きな間違いです。

女性には女性の返信のタイミングというものがあります。

1回送ったLINEに対して、まずは待ってください。待つ時間は、お相手にもよりますが、
朝送ったLINEに対して、その日の夜に返信があればそれでOKとします。
1日も空いていませんので、返信する意思があったという判断でよいのです。

翌日の朝、返事が来た場合は、とてもゆっくり目な方なのか、あるいは、他にも交際しているお相手がいて面倒になっている、あなたがお相手にとっては本命ではないのかもしれません。

「○○さんは、LINEの返信はわりとゆっくり目なんですね」と一言添えて、
それに対してどんな反応が来るのかを待ってみましょう。

何も反応がなかったとしたら、
あなたに対して興味が薄いという判断、
あるいは人としての誠意があまりない方なのか、
単純にとても面倒くさがりな方なのかもしれません。

それでも、頑張ってお付き合いしたいと思うようであれば、
そのまま彼女のペースに合わせてゆっくり活動するのも手です。

その場合は、あなたのペースをお相手に押し付けるようなことがあってはいけません
あくまでゆっくりやるのだ、というスタイルを取ることを意識してみてください。

お相手がどのようなタイプかによって、
関わり方を変えていかなければ婚活はうまくいきません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

お相手との距離の近付け方がイメージ出来ましたか?
是非、お相手がどのようなタイプの方なのかを見極めることから意識してみてくださいね。

婚活は自分に自信がないと婚活は難しくなります。

そして、自分に自信をつけるのには、成功体験が早道になります。

まだ起こってもないことを勝手に心配して
行動を起こさない状況が続いてしまうと、何もなりません。

勝手に心配せずに、一歩ずつ前進することが大切です。

ABOUT US

泉 淳子婚活カウンセラー
結婚相談所 Jun marriage 婚活カウンセラー泉淳子です。 当初恋愛が苦手だった男性も成婚実績が数多くある結婚相談所です。 結婚に必要なのは、恋愛経験ではありません。 これまでの実績で、結婚相談所での活動には多くの恋愛経験は必ずしも不可欠ではないと確信しております。 挫折しない婚活を提供しております。