女性が苦手というよりも女性恐怖症なのかもしれない・・と感じることがある方へ

「どうしても結婚できない人の為の婚活塾」
婚活でのお困りごとを解決に導く結婚相談所
Jun marriage婚活カウンセラーの泉です。

今回は婚活中なのに「実は自分は女性恐怖症なのかもしれない」と、どこかで女性のことを怖いと思っている方へのメッセージになります。

 

「自分は女性恐怖症かも」と感じるには理由が必ずあるはずです。
もしかして婚活を長く続けていているうちに、思ったことかもしれないですし、過去に出会った女性や、今職場などで一緒の女性に対して思うことかもしれません。。
女性をどこかで「怖い」と潜在的に思っていることが原因で、婚活が上手く行かなくなっている可能性もあるのです。

女性への恐怖心はどのようなことから起こってしまうのでしょう?

・ニコニコ話をしていたのに、一人いなくなった途端にその人の悪口大会が始まった
・女性社員同士で陰口を言い合ったり、嫌いな人にはあからさまな態度を取っていた
・ミスに対して容赦ない
・女性であることを主張し、面倒な仕事は全て男性に押しつける
・目上の人やイケメンが話す内容には『すごい!』を連発
・目下の人や見た目が良くない男性には無愛想な態度

このような経験を過去にした、または見たことがあったり、、
あるいはまさに今現在、このような女性が自分の周りにいる。。
すると、女性への恐怖心が知らず知らずに増していき、婚活上で出会う女性に対してもどこか怖さを感じてしまうという方もいらっしゃいます。

女性に怖さを感じてしまうので、上手く会話が出来ず、無言の空間が耐え切れずに自分の話を繰り返してしまったり・・
よくわからない意味不明な冗談を言ってしまったり・・
女性との会話が上手く出来ないでいると、お相手からも「この男性は何を考えているのか分からない」と思われてしまい悪循環に陥ります。

まずは女性への恐怖心をなくすことから始めないとなりません。
このままではどんなにお見合いが組めても、たとえ交際に至ったとしても成婚までの道のりは遠のくばかりです。

 

それでは女性への恐怖心をなくすには具体的にどうすれば良いのでしょう?

 

まずは、婚活で出会った目の前にいる女性と、今まであなたが嫌な経験をした女性とは全く違う人であることを頭で理解しましょう。
違う人であることを理解出来たとしても、女性への恐怖心はなかなかすぐにはなくならないでしょう。
ですので、多くのお見合いをすることです。
最初からお見合いで連戦連勝という人はなかなかいません。

お見合いの結果、交際NGという連絡が来てしまっても落ち込まないことです。

大切なのは、どんなお見合いをしたのかなのです。

お見合い後に、今回は自分なりにどんなお見合いが出来たのかを考える時間を作りましょう。
良かったところ、悪かったところ。
それぞれ挙げていくことで、あなたに現時点で何が足りないのかを自分で可視化してみるのです。
お見合いについて「結婚できるかもしれないお相手に会う」という気持ちでやっている男性がほとんどです。
ですが、女性は自分に対してオドオド、オロオロしているような態度を見せる男性に対して「この人と結婚したい」と思うことは残念ながら絶対にありえません・・

女性への恐怖心がある方は、そこを払拭しなければ、婚活が上手く行くことはないのです。

結婚相談所の婚活は男女の人数比は、男性4割、女性6割と言われています。
そのため男性はお見合いを組める確率は低くはありません。
むしろ多くの方のご想像よりは、比較的容易にお見合いは組めます。
ですが、たとえお見合いがスムーズに組めたとしても、根本的な問題を解決しない限りは結婚への道は遠のくばかりなのです。

婚活とは結婚するお相手探しですよね。
なのに、上手く行っていない原因を「解決しよう!」と思うところまで考えも及ばない方が多いのです。
日常生活の出会いで結婚出来た方というのは、自分のことをよく分かっています。
だからこそ、結婚相談所に入らなくても、婚活をしなくても結婚出来ているのです。
たまたま結婚出来たのではなく、見えない努力をしていたということですね。

このブログを読まれて、「私も自分のことを分かっていないかも」と思われる方は、是非この機会に自分の弱点や強みを考えてみてください(^^)/

一人で考えても分からないと思われた方は、是非当結婚相談所にご相談頂ければ幸いです。

※参考ブログ

自然の出会いで結婚できる人と結婚相談所での活動でもなかなか上手くいかない人の違いとは…