「良くもないけど、悪くもない人同士」で結婚するものだと思っていませんか?

「どうしても結婚できない人の為の婚活塾」
婚活でのお困りごとを解決に導く結婚相談所
Jun marriage婚活カウンセラーの泉です。

今回は、婚活におけるそもそもの気持ちについてです。

 

婚活をしているということは、結婚相手を探したいから、結婚したいからという気持ちは誰しもありますよね。

ですが、そのような気持ちだけでは、婚活はなかなか上手くいきません。

当結婚相談所にご相談にいらっしゃる中でよくお伺いするお悩みに、「いいなと思っているお相手には振られてしまい、そこまでではないなと思う方からは交際希望が来る」という内容があります。

そして、ご本人としては自分のレベルもある程度理解はしているつもりということで、「明らかにレベルが高そうな人」への申し込みはしていない。
「ライバルが少なそうだなと思うお相手に申し込みをしているのに、やっぱりそうなってしまうんです。。」
といったお話もよくお伺いします。
ですが、「ライバルが少なそうな人」と思っている段階で、実はあなたは、その見えないライバルに負けている可能性が高いのです。

これが、今回のタイトル「良くもないけど、悪くもない人同士で結婚するものだと思っていませんか?」に繋がります。
なぜかと言うと・・

そもそもこのように思う方は、恋愛経験が少ない方です。
恋愛経験が少ない方は、結婚に対して、条件的な部分がOKであればお互いに譲り合って結婚するものという理解をしている方がいらっしゃいます。
確かに仰る通りな部分もあるのですが、そもそも婚活女性というのは、条件的な部分がOKでなおかつ、そのお相手に恋をして好きになって結婚したいと思っているのです。

つまり、婚活女性は恋をして好きになれる対象として見れるかどうかを婚活男性に求めているのです。

といった婚活女性の心理を考えて頂くと・・・

「条件的な部分がOKであればお互いに譲り合って結婚するもの」というようなお気持ちでは、残念ながらあなたに対して恋をして好きになれることがないんですよね。。
これはもう理屈ではなく、男女の考え方の違いなので、婚活女性の心理を知って頂くことが必要なのです。

女性はお相手に対して、好きだという感情がないと譲ることができません。
好きになった人でないと、その人に対して頑張ることもできません。

あなたがいくら頑張ったとしても、あなたを好きだという感情がお相手になければ何も動かないのです。
当たり障りのない会話と、当たり障りのないデートが続いてしまうだけになります。

 

いかがでしたでしょうか・・

当結婚相談所は、婚活が長引いてしまっている人、婚活が上手く行かずに悩んでいる人の駆け込み寺という存在を自負しており、実際に結果も出してIBJ本部から成婚優秀賞全国TOP20という表彰を受けている結婚相談所です。
過去2年間の男性の成婚率は89%です。

駆け込み寺ということで、あなたの頑張りが正しいのか間違っているのか、何がいけなくて婚活に苦労しているのか・・
その答えを見つけ出し、対処法をアドバイスしていきます。

婚活が上手く行かない理由は、必ずあります。

一人で悩んでいるだけでは解決しません。
あなたのお悩みを是非お聞かせくださいね。

「良くもないけど、悪くもない人同士」で結婚するものだと思っていませんか?” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。