異性として意識を持ったことはありますか?

「お相手の気持ちがわからない」
婚活でのそんな悩みを解決する
埼玉県川口市の結婚相談所
Jun marriage婚活カウンセラー 泉淳子です。

 

今回は、異性としての意識を持っているかどうかについてです。

婚活において、異性としての意識を持つことはとても大事なことです。
これを持っていない場合、婚活が上手く行かないことが多々あるのです。

なぜ上手くいかないのでしょうか。

 

婚活は、結婚するお相手を見つける活動ではありますが、
お相手に対して気持ちが入らないと

ただ会っているだけの関係になってしまいます。

「何か話さなくては。。」
「もっとお洒落なお店に連れて行った方がいいのでは。。」
などというようなことを思って頑張っている人も多いのですが、
そもそも、お相手の気持ちがあなたにない場合は、
何を頑張っても関係性は近くなりません。

 

 

 

 

このブログで何度もお話ししているように、婚活女性は婚活男性を好きになるのに時間がかかります。
逆に、婚活男性は婚活女性を好きになるのにあまり時間がかかりません。
いいなと思うお相手は、男性の方がすぐに見つかるケースが多いのです。

それでも、男性で婚活が上手くいっていない方も多いです。

それは、婚活女性から男性として思われない
ということが最大の原因になります。

 

よく「友達としてはいいんだけどね。。」という言葉を聞きますが、
その言葉はつまり、
男性として、男として、異性としての意識が生まれなかったということなのです。

もっと一緒にいたいと思ったり、
もっといろいろお話したいと思ったり。
女性は男性としての意識が芽生えると、自然にそのような思いが出てきます。

あなたは、自分は男性だからこうしよう!
自分は男としてこうありたい!
という気持ちはありますか?

男女平等とも言われる世の中ではありますが、
これは婚活においては厄介なものでしかありません。
結局婚活男性は、婚活女性に女性らしさを求めますし、
婚活女性は婚活男性に男らしさを求めているのです。

いかがでしたでしょうか。

今まで異性として意識したことが、されたことがないと思われた方は、
今日からどんなことができるのか考えてみてくださいね。

また、どうしたらいいのか全く分からない方は、
こちらからご相談ください^^