真剣交際に必要なのは「何を考えてるのか分からない人」からの脱却

「どうしても結婚できない人の為の婚活塾」
婚活でのお困りごとを解決に導く結婚相談所
Jun marriageの婚活カウンセラーの泉です。

 

今回は、「真剣交際に行くために必要なこと」についてです。

真剣交際をお断りされてしまう理由については、これまでもこのブログで書いて来ました。
今回は「真剣交際に行くために必要なこと」についてまとめていきます。

お見合いは組めるし、仮交際なら順調に成立する。
だが、真剣交際にが行くことができない…
このお悩みは本当に多く伺います。

真剣交際に行くことができない理由のひとつとして考えられるのは、交際相手の女性から「何を考えているのかわからない人」と思われていることがあります。

 

何を考えているのかわからない人

・過去に「何を考えているのかわからない人」と思われてしまった
・自分でもそう感じている
当てはまる方は、そのままでは真剣交際には行けません。

では、どうすれば真剣交際にいけるのでしょうか?

結婚相談所の交際期間は短い

結婚相談所での活動は、恋愛結婚とは違い、交際期間が短いです。
これがメリットになるか、デメリットになるか、あなた次第。
婚活女性から「何を考えているのか分からない人」と思われてしまうあなたにとっては、デメリットになってしまうこともあるのです。

結婚相談所では、まず条件を見て、条件が合えば先に進むものです。
当然、条件が良い方は多くのお見合いが次々に組めます。
お見合い回数=女性との出会いの回数ですから、条件が良い方は当然出会いの数も多くなります。
ですが、いくら出会いの数だけが多くても、仮交際から真剣交際に行くことができないままでは、当たり前ですが結婚することはできません。

お見合いを数多くして、結婚する相手を見つけると言う活動は、本来あまり長く続けるものではないです。
もし1年以上やっても全く成果がでていないということでしたら、その原因はあなたご自身にあることを認識する必要があります。

「何を考えているのか」を知ってもらうことが必要

条件が合っていれば交際相手からお断りが来ることが少ないです。
そのため、婚活男性としては交際が順調に行っていると思ってしまいがちです。
ですが、実は順調ではないことが多いのです。

結婚相談所では、短い交際期間で判断することになります。
裏を返せば、交際相手に短期間で自分のことを知ってもらうことが必要になります。
婚活男性の心理としては、「自分のことを知ってもらう」=「条件の部分を知ってもらう」と考える方がほとんどです。

もちろん、「条件の部分を知ってもらう」ということは当然の前提なのですが・・
婚活女性の心理というのは、複雑なのです。

婚活女性の心理はこうです。
・結婚相談所での活動は条件の部分があっていて、生理的にも受けつけている、そしてとてもいい人。
→それなのに、どこか不安があったり、真剣交際に行けない理由がある。

それは今回のタイトルにもあるように、お相手があなたのことを「何を考えているのか分からない人」と思っているからなのです。

結婚相談所で活動している男性のほとんどが恋愛経験がなかったり、女性とのお付き合い経験がありません。
頭では婚活女性の心理を知識として理解しているつもりだとしても、それを行動で示したり、言葉にして伝える行為がなかなかできません。

女性の心理は、結婚相談所という場所であったとしても「条件さえ合えば結婚したい」とまで割り切って思うことは出来ないものなのです。
そこが婚活男性の考えとの大きな違いです。

真剣交際に行くには、婚活女性の心理を知ることが必要です。
つまり「誰にも自信を持って紹介できるような彼氏の延長線上に結婚がある」と思っているのです。

彼氏彼女という関係は、「条件さえ合えば」の交際とは全く違います。

条件はさほど関係なく、その人に対して「好きになる」という感情が男女共にある交際のことです。
それが彼氏彼女の関係と言えるものです。

交際相手の女性に対して、あなたが感情的な部分を出すことが出来ないままでは…
お相手の女性は「この人は私をどう思っているんだろう」と不安になるばかりです。
「条件さえ良ければ」でなんとかつながっているような交際は、「不安になるばかり」となった時点で真剣交際どころか、交際終了になってしまうのです。

※「好きになる」という内容については下記ブログを参考にしてくださいね。

「いい人どまり」からの脱却!婚活女性から恋愛対象に見てもらうための秘訣

婚活女性が真剣交際に求めるのは、愛情のある言葉

ここでは、「不安になるばかり」の交際からどうやって脱却するのか、についてです。

婚活男性のほとんどが、恋愛経験が少ない、あるいは全くない人です。
こんなあなたが結婚相談所に入った直後は、結婚相談所での活動に対して良い意味でのギャップを感じることがあります。

「普段の生活ではほとんどモテなかったのに、結婚相談所に入会したとたんに申し込みが殺到し、初めてモテ期が到来している」と舞い上がる経験をすることです。

結婚相談所の活動を辞めなければ、女性との出会いの機会はあり続けます。

ですので「いつかは真剣交際になるだろう」「結婚できるだろう」と思って、焦る気持ちがありつつも、どこかでのんびりと構えてしまうことがあるものです。

ですがよくよく考えてみてください。
自分の都合(気持ち)で物事が運んでしまっている状況があるのです。

婚活女性が求めているのは「愛情が自分に向けられてるかどうか」です。
先ほども話しましたが「お相手を好きになる」という感情がなければ、婚活女性は真剣交際をOKしません。

※参考ブログ
「結婚できない優しい人」と「結婚できる優しい人」とは何が違うのでしょう。

自分の気持ちや思いを言葉にしてみることは恥ずかしいことだ、と思っている婚活男性は多いです。
ですが、婚活女性が求めているのはまずそこなのです!

後で振り返ってみて「ああ言っておけばよかったな」という気持ちを言葉にしてみることが大事です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

恋愛経験がない男性に限って、自分の気持ちを言葉にしてみることに恥ずかしさによる抵抗感があったり、それを言うのは深い関係になってから?だと決めつけてしまったり・・

女性が求める愛情表現に対して、「チャラい、気持ち悪い、嘘っぽいと思われないか」と心配していることが多いです。

ですが、結婚相手となる女性に対しては、そんな恥ずかしさやつまらないプライドなんて、乗り越えられるほどの感情が出て来るものなのです。

つまり、それほどの強い感情が出てこないのであれば、結婚することは難しいのです。

 

これは男女共に言えることですが、「結婚」という明確な目的がある上での出会いだからこそ、通常の恋愛のようにはいかないものです。
理性と感情のせめぎ合いは、恋愛以上に大変なのかもしれません。

ですが、どうぞご安心ください。
理性と感情のせめぎ合いを数多く経験できる活動こそが、結婚相談所が提供するものです。
結婚相談所では、複数の方との同時交際は、堂々と認められているのです。
今まで恋愛経験がなかった方でも、結婚相談所では複数の方との同時交際を経験することはよくあることです。

複数交際を経験することで、自分自身の考えや感情を知ることができます。
それによって、交際相手の女性に対してどう行動すればいいのか、ひとつずつ知っていくことが出来ます。
結婚相談所での成功(=成婚)に繋がります。

「いつかは真剣交際になるだろう」「結婚できるだろう」と思って、焦る気持ちがありつつも、どこかでのんびりと構えてしまう人はよくいらっしゃいます。
自分の都合(気持ち)で物事が運んでしまっている状況から脱却することが「何を考えているのか分からない人」からの脱却につながります。