恋愛が苦手な男性のための婚活塾

LINE嫌いな人、苦手な人に婚活は難しいのでしょうか

LINE苦手 婚活難しい
婚活カウンセラー泉淳子

「どうしても結婚できない人の為の婚活塾」
婚活でのお困りごとを解決に導く結婚相談所
Jun marriage婚活カウンセラーの泉です。

このブログでわかること
  • LINEが苦手な場合、どうやれば続くのか?
  • 苦手なりにもLINEを続けることができれば成婚できる

LINEは婚活では避けては通れない

LINEは、婚活をする上でなくてはならないものです。
いくら苦手だとしても避けては通れないものです。

例えば、婚活パーティでマッチングしてもその後にデートをしなければ2人の関係は自然消滅で終わってしまいますよね。

婚活アプリを使ったとしても、会うまでに必ず文章でのやりとりをしないとお相手と会うことはできません。

結婚相談所での出会いでも、やりとりはすべてLINEになりますよね。

では、LINEを普段からコミニュケーションのツールとして使っているかどうかで婚活にもとても影響することをご存知でしょうか?

このようなことはありますか?
  • そもそも文字でコミュニケーションをとるのが好きではなく本能的に面倒と感じてしまう方
  • 相手が女性でも男性でも対応が変わらない方
  • 親しい友人にも本当に用事がある時以外は送らない方
婚活カウンセラー泉淳子

上記に該当する場合は、婚活が上手く行っていない原因が普段のLINEの使い方にあることが考えられます。

文字でのコミュニケーションを大事にできるかがポイント

まず、文字でのコミュニケーションをとるのが本能的に面倒だと感じてしまう方は、面倒から脱出することを考えてほしいです。

婚活カウンセラー泉淳子

そもそも面倒だと思ってしまう時点でお相手との関係性はよくなりません。

お相手と前向きに進みたい気持ちがあればお相手のことを知りたい!と自然に思うはずです。
そんな気持ちにならないという時点で関係が深まることは難しいです。

本能的に面倒だと感じてしまう方は時間がかかるかもしれませんが、
自分が面倒だという前にお相手の存在を少し意識してみるとどんなことをしたらいいのかが頭に浮かぶはずです。

もし何も浮かばない場合は、最初はくだらないかもしれませんが、定番の天気ネタ、気温ネタからはじめ、その後はランチタイムは何を食べるのか?
社食?外食?お弁当派?など聞いていく流れが王道になります(^^♪

LINEの相手は異性だという意識が大事

次に、相手が女性でも男性でも対応が変わらない方。

この場合は、お相手が異性であることを意識することから始めましょう。

あなたが男性であっても女性であっても気になる方からLINEが来たら返事をしたくなるものです。

ですので、先ほどのような何気ない会話から始まりお相手の反応をみるということが大事です。
お相手も反応が悪かった場合や、事務的なLINEが届いてしまった場合は、お互いに事務的なやりとりしかしない2人の可能性もあるので、LINEは事務的なやりとりしかしない派ですか?みたいなメッセージを送ってみるのも手です。

その反応に対して、2人のやりとりの中で無理しないLINEをしていく関係性が出来るかもしれません。

婚活カウンセラー泉淳子

普段親しい友人にも本当に用事がある時にしか送らないというあなたは、婚活とは用事ではないことを考えてみてください。

お相手に会うこと=用事と考えてしまっていませんか?

お相手に会うことが用事ということであれば、お相手に対して、全く気持ちがないということになってしまいます。

お相手の方も、あなたと会う時間は貴重な時間を使っていることになります。
世の中、いつも暇な人はなかなかおらず、時間を作るためにあなたに合わせたはずなのです。

まとめ

いかがでしたか?

LINEは女性との交際を続けるためには必要なツールです。

※下記の動画は、婚活男性ケロタ君(ゲスト)にLINEの返信方法について悩みにお答えしている動画です。
バラエティ要素を含んだ内容となっています。

ABOUT US

泉 淳子婚活カウンセラー
結婚相談所 Jun marriage 婚活カウンセラー泉淳子です。 当初恋愛が苦手だった男性も成婚実績が数多くある結婚相談所です。 結婚に必要なのは、恋愛経験ではありません。 これまでの実績で、結婚相談所での活動には多くの恋愛経験は必ずしも不可欠ではないと確信しております。 挫折しない婚活を提供しております。
ご相談予約&お問い合わせ