LINEの既読がなかなかつかない・・または返信が遅い時どうしていますか?

「お相手の気持ちがわからない」
婚活でのそんな悩みを解決する結婚相談所
Jun marriage婚活カウンセラーの泉 淳子です。

LINEの既読がなかなかつかない…
既読がついても返信が来ない…

こんな時、あなたはどうしていますか?

 

当結婚相談所の会員さんからも、
LINEのやりとりの悩みについてご相談は多いです。
返信が来ない時、どうすればいいのかというご質問をよく伺います。

 

 

 

まず、返信が無い理由を考えてみましょう。

・そもそもLINEをあまり見ない人だった
・LINEの返事が遅くなっても気にしない、マイペースな考え方の人
・普段はLINEの返事を普通にしているが、あなたに興味が薄い
・複数のお相手と交際をしているので後回しにされている
・どう返していいのか分からない内容で、困っている。。

などという理由が考えられます。

 

 

 

LINEをあまり見ない人、
LINEの返事が遅くなっても気にしない性格の人と交際をしている場合は、
お相手のペースに合わせてこちらも我慢強く返信を待つという考えもあります。

気にしない人同士だと悩みにならないのですが、
一方がずっと我慢をしているような状況で、
デートの日程などもなかなか決まらないとストレスになることも。。
そのうち面倒になってしまい、
LINEを送ることそのものがストレスになってしまうこともあります。

このような時は、何度かやりとりをした後に、
「○○さんはLINEあまり見ない人でしたか?」
「なんだかこちらばかり送ってしまっているようですいません・・」
というようなジャブを打ってみるのも一つです。

そうすると、お相手も何かしらの気づきがあるはずです。

 

LINEの返事を後回しにされている、またはあなたに興味が薄い場合、
興味を持ってもらえるようなLINEを打つことが大切です。

例えば、自分が質問ばかりしていた場合、
「こちらばかり質問してしまっているようですいません。
○○さんは、何か聞きたいこととかありますか?」
などとやんわり自分に興味があるのかを確かめてみるのです。

それにより、お相手に気づきがあれば、質問も返ってくるはずです。

 

あなたのLINEに対して、
どうしていいのか困っているパターンは一番厄介です。

これは、自分の一方的な気持ちを長文で送ってしまったり、
その情報は必要なの?ということまでダラダラ文章にしてしまい
お相手側が引いてしまっているということが考えられます。

交際の初期は特に
LINEは端的に短い文章で送るのが好印象です。

いかがでしたでしょうか。

婚活は、お会いしている時間(デート)よりも
会っていない時間をいかに過ごすのかがとても大事です。
それには、やはりLINEのテクニックが必須なのです。

あなたもテクニックを学び、
今よりもワンランク上の対応で婚活を成功させてくださいね(^^)/

本日のアメブロでもご紹介しております。
男性向けに、
お相手の気持ちを理解したい方のための婚活イベント開催致します。
詳しくはこちらをご覧ください。