女性からお見合いや交際を断られる原因はこれです!!②

「お相手の気持ちがわからない」
婚活でのそんな悩みを解決する
埼玉県川口市の結婚相談所
Jun marriage婚活カウンセラー 泉淳子です。

今回は、前回に引き続き
「お見合いや交際を断られる原因について」の
②になります。

①はこちらからお読みください。

今回のテーマは、
「お相手が見えていない」
というお話になります。

「お相手が見えていない」
というキーワードから、
『どういう事ですか?』
『お相手にちゃんと連絡もしてますし、
デートのお誘いもしています』
『会話だって、してますよ』
と思われたあなた!

 

 

そう思ってしまうところに原因が
ありますよ(-“-)

前回、「つぶやき」「独り言」
がお相手の女性に引かれる原因になっている
というお話をしました。

お見合いでは積極的に話しかけたり、
会話も楽しく出来ているのに。。
なぜか交際をお断りされてしまったり、、

交際成立した時は、
自分から積極的にラインもできていて、
返信も返ってきている・・
にも関わらず、
1回目のデートで交際終了されてしまう場合は、

お相手からの返事がある前に
あなたが勝手に自分の中で解決してしまったり。。

お相手からの返事を待てずに
お相手を不快な気持ちにさせている
ということに気づかないことが原因であることに気づかず、
「自分は楽しかったのに何故だ!!」
という
お相手が全く見えていない
状況になっているのです。

 

例えば・・
お見合いで趣味の話になった時
「○○さんは、趣味に料理と書いてありましたが
いつもどれぐらいのペースで作られるのですか?」

と質問した時に、

「ペースというのは特になくて・・
時間のある時に・・」
と話し出そうとしているお相手の言葉を遮り、

「あ、そうですよね!
ペースなんて言ったらなんだか
プレッシャーに感じました?
そういう意味ではないんですよ(笑)」

「僕も料理は時々するので
結婚後も料理一緒にできたらと
思ってなんとなく聞いてしまって。
どんなものが得意なんですか?」

「あ、でもあれかな?
ペースというのは時にないというのであれば
得意料理とか言われても困りますよね(笑)」

「すいません、一人でしゃべっている
みたいで、何か僕に聞きたいことなど
ありませんか?」


これを見てどのように感じますか?

このように一方的に話し続ける流れは、
お相手に質問
している風で、
自分で答えを
出しているだけの
自己中心的な
気持ちをただ出しているだけであって、
会話には全くなっていないことに気づいてください!

このような会話を普段からしているようだと、
LINEにも表れます。

例えば、前置きに
「こんな言い方したら失礼かもしれませんが・・」
「変な話ですが・・」
「こんな自分でもこうなんですよ」
などというように
【自分を防衛、擁護】しながら
LINEをしていると、
お相手の気持ちを全く聞き出せずに
お相手が返事をする前に
自分で勝手に返事を作り出してしまう
という状況を続けている可能性が高いです。

料理が趣味と書いてあっても
そこに過剰な期待をされてしまうと
女性側の負担になってしまう
という心理もご理解くださいね。

男性だって、稼いでいる人だと思われてしまって、
そこばかりを詰めてきたりする女性がもしいたら、
圧を感じますよね。

「お金目当てなのかな?」
と感じてしまうこともあると思います。

 

自分で一方的な話をして
勝手に一方的に解決すると言ったような
自己中心的な会話しかしたことがない人は
独りよがりでない会話を身につける練習が必要です。

 

当結婚相談所は、
あなたの結婚したい気持ちを
形にする結婚相談所です。

上手くいかない原因は必ずあります。

カウンセリングのお申込みは
お早目にお願い致します。

 

今週末のカウンセリングの空き状況は
以下になっております。

9月21日(土) 14時~  16時~
9月23日(月) 11時~  13時~

 

お申込みはこちらからお願い致します(^^♪