下の名前で呼び合うのはいつからがベストなのでしょうか?

「お相手の気持ちがわからない」
婚活でのそんな悩みを解決する
埼玉県川口市の結婚相談所
Jun marriage婚活カウンセラー 泉淳子です。

 

今回は、下の名前で呼ぶタイミングに
ついてです。

 

交際中でとても気になることですよね^^;

 

 

 

会員さんには、
下の名前で呼んでもいいタイミングは

「真剣交際になってからです」
お伝えしています。

何度もこのブログでもお話していますが、
女性の気持ちというのは
温まるのに時間がかかります。

真剣交際を受け入れたということは、
あなた一人と
向き合いたい
という気持ち
になったということです。

あなた一人と向き合いたいと思った時、初めて
下の名前で呼ばれることに
抵抗がなくなるのです。

そして、下の名前で呼ぶ際も
勝手に「○○ちゃん」などという
慣れ慣れしい言い方をしてしまうのは
あまりよくありません。

真剣交際になった際に、
「そろそろ○○さんという苗字だと
他人行儀な感じがしますよね。
どのようにお呼びしたらよろしいですか?」
というような言い方をすれば
お相手は必ず答えてくれます。

逆に、
真剣交際になったにも関わらず
「苗字でいい」と言われてしまうようならば
真剣交際からでも成婚までには時間がかかる
と思って頂く方がいいですね。

大抵の場合は、
真剣交際開始後であれば、
下のお名前で呼び合うことが
自然だと思われます。


とにかく、先走らないで!!

 

女性は「この人だな」と決めたならば
心が開いていき、
受け入れ態勢が
できます。

「この人だな」と思われる人に
なりたいならば、焦らないことです!

焦ってもよいことは何もありません。

今、上手くいかなくても
焦らないことです。

上手くいかない原因がわからず
1人で苦しむだけの婚活は辛いものです( ;∀;)

上手くいかない原因というのは
残念ながら「ご縁」という言葉とは無関係です・・
原因は、必ずあります!

当結婚相談所では、
婚活が上手くいかない原因を
カウンセラーの泉淳子がいち早く探し出し、
改善策を提案し、解決へ導いております。

焦って、下の名前で呼んでしまう行為を
してしまった記憶があるあなた!

間違った独自の婚活を続けて
いつまでも苦しむのは、
もう卒業しましょうね。。