初回のデートでコース料理を予約してはいけないのですね。(30代男性ご相談者さんの声)

「どうしても結婚できない人の為の婚活塾」
婚活でのお困りごとを解決に導く結婚相談所
Jun marriage婚活カウンセラーの泉です。

今回は「初回デートでコース料理を予約してはいけない」というお話です。

 

前回のブログの中で、【ご馳走せず、割り勘をお相手に求めた】ケースについて書きました。

「コース料理を予約してはいけいのはなぜなのか?」というお悩みを読者の方から頂きましたのでシェアさせて頂きます。
※ブログ掲載の許可を頂いております。

ブログに書いてある状況が自分と同じでしたのでご相談の申し込みをさせて頂きます。
自分は今までデートのお店を決める際にネットでコース料理を予約していました。
基本的に居酒屋でのコース料理です。
それがもしかして2回目のデートに行かない原因だったのでしょうか?

 

ご相談後に感想を頂きました。

先ほどは、ご相談を頂きありがとうございました。
デートの決め方についてのお話を教えて頂きとても参考になりました。
また、デートの決め方以前にそもそもお相手の気持ちというかお相手が自分に対して優先順位が低い場合は、コース料理は関係ないというお話を頂き、それについては今まで気づかず、相談後にもいろいろ考えてみると思い当たることもありました。
優先順位が高くなるにはどうすればいいのかについては今の自分では難しいんだろうなとは思いました。婚活塾を受けられた方の感想や、ご案内頂いたブログも読ませて頂きました。
自分に似ている部分もあり、違うところもあるので正直よくわからないところはありますが少し考えてみたいと思います。
時間を過ぎてしまってのご相談を本当にありがとうございました。

※参考ブログ
中途半端なおごり方はセコい印象だけが残る・・

今回のご相談者さんは、初回デートではぐるなびの予約サイトでチェーン店を基準に飲み放題のコース料理を予約していたとのことでした。
コース料理の飲み放題ですと、自分が飲んでもお相手がたくさん飲んでも金額が変わりませんし、遠慮なく飲んでもらえると思っていたのでそれがいいと考えていたとのことでした。

 

確かに。。
とても合理的な考えですし、お相手の負担にならないようにご馳走することを念頭に置いての考えで悪くはないのですが、婚活においての女性の心理についてお話させて頂きました。

婚活女性は、そもそも飲み放題でたくさん飲みたい、コース料理でたくさん食べたいという気持ちがある方は少ないです。
そもそも初回のデートではまた関係性ができていない状況です。
そんな中でリラックスして食事を楽しむことは難しいです。

緊張して、食事が喉に入らなかったり、せっかく予約してもらったのに、出されたものを残してしまっては申し訳ない、というプレッシャーを感じる方もいるというお話もしました。

 

婚活男性はどうしても合理性を求めてしまう気持ちがありますよね。

その気持ちはわかります!
お金がいくらかかるのか分からないのは不安ですよね。

コース料理よりも、アラカルトで2~3品を選んで、飲み物も2杯程度でしたら、実は飲み放題コース料理
(1人 4,000円×2=8,000円)よりも安い場合も多いのです。

初回のデートでは、食事自体を楽しむというよりは、お互いに一緒にいて楽しい時間を過ごすということがメインになるのです。
ですので、食事はお腹いっぱい食べてしまうのは逆に問題なのです。
もしお腹いっぱい食べてしまうような婚活女性がいたとしたら、それはあなたに全く興味がないか、もしくはどんな時でも食事を優先するような方なのか・・

あなたに興味があって、あなたと楽しい時間を過ごしたいと思っていれば、極端に言いますとカフェでお茶をするだけでも十分楽しい時間を過ごすことができるのです。
とはいえ、初回のデートは少しでも気に入ってもらえるところを・・と思っている気持ちを婚活女性に感じてもらうには、コース料理ではなく、カジュアルなイタリアンレストランがおすすめです。

そして、注文はアラカルトで、お好きなものを頼んでもらいます。
ここで「金額が高いものを頼まれたらどうしよう・・」とか「予算が・・」というご心配は一旦脇に置いておきましょう。
※例えば2人で1万円以上になってしまった場合は、お店選びで高いところを選んでいるのか、ワインをたくさん頼んでしまったのか・・そういうことが考えられますがその場合、今回は無理で自分もお断りしたいと思ったのでしたら全部ご馳走しなくても大丈夫です。
むしろ割り勘にしてもらってもいいと思います。
割り勘が気が引けるのでしたら、「3,000円いただけますか?」とか勇気を持ってお願いしてみてくださいね。
ちなみに初回のデートの予算は7,000円~8,000円ぐらいが妥当です。

「○○さんのお好きなものを頼んでください」と言ったとしても…。
初回のデートで全く遠慮しない婚活女性がいたら、それはそれで問題ですよね(^^;)

また時々、ご馳走するだけしたら交際終了になってしまった・・と『常習犯なのでは。。』『まさか食い逃げ・・』と思われる方。
数回のデートを全部ご馳走していたのに結局お断りされた・・というお話もよく聞きます。
そのようなことをお悩みの前に、そのような女性にはご馳走してはいけないことを学んで頂くことをお勧めします。

その痛い経験が、次にもしそのような方に出会った際には注意することができますよね。
もっと言うと、ご馳走になるのに慣れている女性は、結婚相手にふさわしいお相手かどうかも考えて頂くきっかけになるのではないでしょうか?

婚活は、今まであなたが経験してこなかったことを経験する時間だと思って頂くことは難しいですか?

結婚相談所で結婚する最短のルートは、まずは経験をすることなのです。
経験値を積むというイメージがわかりやすいでしょうか。

経験値を積まないと、たとえ初回のデートでカジュアルなイタリアンのお店に行ったとしても、お相手女性があなたに興味があるのかないのかを感じる力がないと次のデートに行っても同じことの繰り返しになってしまいます。

婚活は奇跡を信じて頑張ってしまったり、いつか出会えるからという言葉で、闇雲に頑張ることは間違っています。

それは宝くじを買い続けるようなものなのです。

あなたの貴重なお金と貴重な時間をどう使うのか、是非今後の婚活のやり方を考えて頂くきっかけになれば幸いです。