「私、お支払いします!」発言をする婚活女性の心理とは?

「どうしても結婚できない人の為の婚活塾」
婚活でのお困りごとを解決に導く結婚相談所
Jun marriage婚活カウンセラーの泉です。

今回は、デート代のお会計問題についてです。
デート時のお支払いに明確なルールやガイドラインはありません。
なるべく男性がお支払いをするのが望ましいとなってはいます。

婚活男性にお支払いをしてもらって当たり前というような態度をとる婚活女性がお相手だったら・・
そんなお相手では、交際を終了したいと思うのが婚活男性の心理ですよね。

では今回は、婚活女性側から「お支払いをします!」と言われた場合について考えてみましょう。

お話も楽しくできて、デート中に違和感を感じることもなく、「次も会えたらいいな~」と思えたデートで。
「私、お支払いします!」と女性から言われてしまったら。
「大丈夫ですよ」と答えてみてもの「いえいえ、申し訳ないのでお支払いします!」などと言われてしまい…。
そこまで言うのであれば、と割り勘になってしまうケースがありますよね。

 

こういう時、婚活男性の気持ちとしては、
・女性に払わせてしまったな。。
・もしかしたらもう会いたくないから支払いをすると言ってきたのかな。。
・お支払いをします!という言葉がちょっときつかったな・・
・次のデートの約束もできなかったしな。。もう終わりか・・
などと、マイナスな気持ちになってしまうことがあるかもしれません。

ここで、「お支払いします!」と言ってくる婚活女性側の気持ちを考えてみましょう。

①恋愛経験が少ないため、男性にご馳走されることに慣れておらず、抵抗を感じてしまう。
②恋愛経験が少ないため、男性にご馳走されるのは悪いな、申し訳ないなという気持ちになってしまう。
③次のデートはお断りしたいなと思ったので、ここはお支払いしとかないと。。と思う。(交際終了パターン)

いかがですか?
③は想像出来る婚活男性もいらっしゃるのですが、①②に関しては、びっくりされた方もいるのでは。

婚活男性も、恋愛が苦手な方が多いです。
そして、自分は恋愛が苦手でも、女性側も恋愛が苦手とは想像出来ない方が多いです。

まずは、恋愛が苦手な者同士が婚活をしている、デートをしている可能性を婚活男性は知りましょう

 

 

婚活女性側も結構無理をして一生懸命頑張っているのです。
ですので、こんな時の魔法の返しテクニックを今日はお伝えします。

「今日のところは僕に払わせてください。次回は僕がご馳走になってもいいですか?」
この言葉を発して、それでも「いえいえ私がお支払いします!」と繰り返してくる女性とは、交際終了だと思ってください(;^_^A

「次回、僕がご馳走になってもいいですか?」でYesであれば次回の約束も出来たことになりますよね。
次回が必ずあるという確約にもなるのです(^^)/

是非、この言葉を使ってお支払い問題をすっきりさせてくださいね。
そしてモヤモヤした気持ちを解消させて、スッキリした気持ちで婚活を成功させましょう。

婚活テクニックやデートの必勝法については、多くの質問を頂いているので、今後もシリーズであげていきます♪