誰かの支えや力になりたいと思った経験がない方は女性から好きになってもらえない。

「お相手の気持ちがわからない」
婚活でのそんな悩みを解決する結婚相談所
Jun marriage婚活カウンセラー 泉淳子です。

今回のテーマは、
【誰かの支えや力になりたいと思った経験がない方は、女性から好きになってもらえない・・】
という内容です。

少し難しいお話かもしれませんが、できるだけわかりやすく書いてみたいと思います。

 

あなたは、今まで交際した女性に対して彼女の力になりたいと思ったり、自分を頼って欲しいなと思ったりしたことはありますか?

婚活では、このような気持ちをお相手の女性に対して感じないようならば、お相手と結婚することは出来ません。

そもそも結婚生活とは、他人と一緒に生活を共にすることになります。

他人と一緒に生活を共にするということは、一緒に暮らしているお相手女性が苦労ばかりを感じるようならば
あなたと一緒に暮らしていくことが辛くなるばかりです。

あなたと結婚することによってお相手が疲れてしまっては結婚生活は長続きしません。

また、結婚できるかどうかも決まっていないのに

「結婚後お相手女性が、突然性格がかわったらどうしよう」
「急に自分に冷たくなったらどうしよう」
といろいろ心配するような方は、結婚することはさらに難しいです。

なぜなら、このような考え方は、
【あなたがお相手の女性に対して何を出来るのか】
とは考えていないからです。
お相手の女性に対して、
【自分はこんなことができる】
【自分と結婚したらどんな楽しいことができるか】
と言ったことを、自信をもって言えることが婚活では大事なことになります。

婚活では自分に自信がないと難しいというお話を、これまでもこのブログでは何度もしていますが、まさに上記のようなことをちゃんと言える人は、お相手女性に対しても
【自分と一緒にいてくれたら幸せにしたい】という気持ちを自信を持って言える方です。

自分に自信を持つということは、いきなり出来ることではありません。
そもそも女性とお付き合いした経験が無いと、自信を持つなんてまず無理です。。

ですが、結婚相談所での婚活では、真剣交際になる前の、プレ交際中(仮交際中)ならばお付き合いする経験が積めるのです。
お試し交際期間とも言えます。
この、プレ交際(仮交際)の期間でいろいろな方とお見合いをして
いろいろな方と交際をすることが大事です。

いろいろな方と交際をしていく中で、自分がどんなことには自信を持って出来るのか、どんなことだったら女性と楽しく過ごすことが出来るのかを実感していくのです。

 

いかがでしょうか。。
イメージつきましたか?

もしイメージがつかない方は、是非ここから先も読んでくださいね(^^)/

人は誰しも多かれ少なかれ、誰かの力を借りて生きています。

「自分は一人でも特に不便を感じない。もともと一人でいることに慣れているので孤独な気持ちにもならない」
と言うようなことを仰る方は、婚活中の方には少なくありません。

とは言え、生まれてすぐに最初から一人で生きてきた人はいません。
仕事だって、最初から一人で何もかも出来たわけではないですよね。
きっと研修があったり、先輩から教わったり、同期がいたり・・
少なからず誰かの力を借りて仕事をしてきたはずです。

何かしら思い出してみると、どこかで誰かの力を借りたことは必ずあるはずですよね。。

そもそも結婚は一人では出来ません。
お相手が必要です。

婚活をしている人も、誰でもいいから結婚したいというわけはないですよね。

自分がいる世界が一人ではないと感じた時に、初めてお相手の女性ことを考えることが出来るはずです。

それが、
【お相手の女性を支えたい】
【力になりたい】
【頼りにして欲しい】
と思える一歩です。

 

是非考えてみてくださいね(^^)/