笑えないギャグや自虐ネタを聞いて、女性はどう思うのでしょうか・・

「お相手の気持ちがわからない」
婚活でのそんな悩みを解決する
埼玉県川口市の結婚相談所
Jun marriage婚活カウンセラー 泉淳子です。

 

今回は、笑えないギャグ、自虐ネタを女性に話してしまうことについてです。

 

婚活男性は、お相手との会話が途切れてしまうのを恐れるあまり、
自虐ネタを言ってしまったり・・
せっかく交際に至っても、かなり初期の段階で
LINEで自分の自虐ネタを出してしまうことがあります。

悪気はなくても、
自分を知ってもらうことでお相手との距離を近づけたい
という気持ちからそのようなことをしてしまう方は多いです。

気持ちはわかります!

ですが実際に、マイナス面や自虐ネタを言ってくる男性に対して、
女性はどう思うのでしょうか。。

 

 

女性には、多かれ少なかれ母性というものがあります。
その母性をくすぐられるお相手に対して、初めて心を開いていきます。。

心を開いた段階で、
自虐ネタやマイナス面を知ると、
先日の蒼井優さんのような
「自分が与えられた仕事は精一杯やっていき、できる限り山里さんを支えたいです。」
という気持ちが出てくるのです。

結婚は、どちらが守って、どちらかが支える
というはっきりした関係を作るのは難しいです。

なぜなら、人は完璧な生き物ではないからです。

どんなに仕事が出来る人でもミスをしてしまうこともあります。。
どんなに仕事が出来る人でも、疲れてしまうこともあります。。

なので、
自虐ネタを話してしまったり、
笑えないギャクを飛ばしてしまったり・・
自分のマイナス面について、
それを全く受け入れてもらえないお相手との結婚は
確かに難しいです。

ですが、そこに、
あなたに対する尊敬や、敬意があれば、
マイナス面を受け入れてくれるお相手は必ず現れます。

モテる人というのは、その絶妙なタイミングが分かっている人なんです。

それが分かれば、あなたも、
「自分が与えられた仕事は精一杯やっていき、できる限り○○さんを支えたいです。」
と言ってくれるお相手を見つけられるはずです。

当結婚相談所では、
会員さん一人ひとりに寄り添うサポートを常に行っており、
おかげ様で大変好評を頂いております。

あなたも、是非サポートを受けて、結婚への早道を歩いてくださいね^^