真剣交際に行ったのに・・「結婚するイメージがわかない」「ときめかない」とお断りする婚活女性の心理

「どうしても結婚できない人の為の婚活塾」
婚活でのお困りごとを解決に導く結婚相談所
Jun marriage婚活カウンセラーの泉です。

今回は、真剣交際成立後に「結婚するイメージがわかない」「ときめかない」などの理由で交際終了になってしまったケースについてです。

先日のブログで、真剣交際になったのに破局するケースとは・・というお話をしました。
その中で主な理由について6つ挙げています。

①親の反対があった。親から自立できていない
②すぐに成婚退会したい!という気持ちで暴走してしまう
③結婚で損をしてしまうという気持ちがある
④借金や持病があった
⑤やらなければいけないことを先延ばしにしていた
⑥迷いながら交際していた

今回のブログでは⑥の「迷いながら交際していた」という理由について、より詳しく解説します。

 

【迷いながら交際していた】ということは、「いい人ではあるけれ・・好きになれない、ときめかない」ということです。

このブログで何度も書いていますが、婚活女性は好きになれるお相手を探しています。
もちろん婚活男性も、嫌いな相手と結婚することは難しいですよね、、、^^;
とは言え、お相手を完全に好きとまでならなくても「自分を受け入れてくれるお相手であれば真剣交際を申し込みたい、先に進みたい」という傾向は女性よりもあります。

婚活女性と婚活男性はそもそも考え方が違うことを理解しましょう。
これは男女の考え方の違いなのです。

婚活女性の考えは以下になります。
・プロフィール的に問題ない
・見た目も嫌ではなく、受け入れられる
・相手が自分のことを良いと思ってくれている状況
・自分は相手のことがまだそれほど好きではないが、嫌いというほどでもない
このようなお相手から真剣交際の話があれば、多くの人は「断る理由がない」と感じるのです。

実際に、仮交際から真剣交際に進む時に「心の底から好きだとは思ってないけど、総合的に悪くないからOKした」という婚活女性は多いです。

このような状況であれば、仲人(カウンセラー)さんからの押しもあったり、「真剣交際をOKすれば自然と好きになる感情も芽生えるかもしれない」「総合的に悪くないんだから頑張って好きになろう!」という気持ちから、婚活女性はお相手を好きになる努力をし始めます。

そうすることで、自問自答を繰り返す日々を過ごすのです。

これは【マリッジブルー】とは全然違うので、勘違いしてはいけません(^^;)

ちなみにマリッジブルーとは、恋愛感情があって恋愛をしてきた一般の恋愛の形をとってきた女性が結婚直前に陥ることです。

結婚相談所は、短い期間でお相手を探す活動になります。
合理性を求める男性にとってはとても良いシステムと言えます。
ですが、女性は「好きになる」という感情が湧かないと、先に進む力が出てこないのです。
そこを我慢して、頑張って、乗り越えよう!という感情で先に進もうとします。

そして、「結婚するイメージがわかない」「ときめかない」という理由で真剣交際を終了してしまうのは「我慢して、頑張って、乗り越えよう!」という気持ちを誰も理解してくれないからなのです。

仲人(カウンセラー)はもちろん、条件的に良いお相手であれば、推してきます。
こうして追い詰められた婚活女性は、結局お断りを決意してしまうのです。

 

婚活女性の心理、ご理解いただけましたか?

婚活男性は、結婚相談所での出会いについて、「良くもないけど悪くもない人同士で結婚するもの」という考えが根底にある方が多いです。
男性が思っているよりは、婚活女性は男性に対しての理想が高い傾向なのです。

女性の気持ちは、難しいですよね。。
恋愛経験が少ない、あるいは全くない婚活男性にとっては、想像もできないことだと本当に思います。

あなたの婚活が上手くいくためには、お相手の心理状態を把握する必要があるのです。

以前このブログのタイトルは「お相手の気持ちが分からない婚活を解決する結婚相談所」としていました。
これを「どうしても結婚できない人の為の婚活塾」と変更しました。

それは、なぜかと言いますと・・

せっかく結婚相談所に入ったのに、、、
どこにつまづきポイントがあるのか、どこを改善すればよいのか、丁寧に教える塾のような結婚相談所がないことに気づいたからです。

正直なところ、多くの結婚相談所は結婚させることを目的とするため、結婚できそうな方がいればひたすら押していくという状況がどうしても起こってしまいます。

そのため、先ほどにも書いた、誰にも気持ちが分かってもらえない婚活女性がいたり・・
その婚活女性の気持ちを理解できない婚活男性がいたり・・

といった状況が起こってしまうのです。

 

ここ最近は、婚活塾へのお問合せも増えており、他社で活動中の婚活男性や、アプリで上手くいかない婚活男性など・・多くのお悩みをお伺いしております。

このブログを読んで頂いている読者の皆さんの婚活が、少しでも好転することを願うばかりです。