結婚相談所での「真剣交際」とはどんな交際なのでしょうか。

「お相手の気持ちがわからない」
婚活でのそんな悩みを解決する
結婚相談所Jun marriage婚活カウンセラーの泉 淳子です。

本日は、結婚相談所における「真剣交際」についてです。

結婚相談所での活動をされたことがない方は、
真剣交際」と言う言葉にあまり馴染みはないかもしれません。
お見合いでの婚活をされたことがある方は、
聞き慣れた言葉になっていることでしょう。

真剣交際」とはどんな交際のことなのでしょう。
婚活の目標は、結婚するお相手を探す活動になりますが、
IBJ結婚相談所では複数の方と同時に交際することは
ルール上認められています。

【IBJは、全国約6万人の会員で、登録会員数業界No.1です】
(※2019年1月日本マーケティング機構調べ)

まずは、婚活の第一歩となるお相手探しについてです。

全国約6万人の会員から、
お相手を探すことが出来るシステム(アプリ)を使い、
あなたの希望した条件を検索するところからお相手探しが始まります。

不動産屋さんのような仕組みをイメージ頂くとわかりやすいかもしれません。
間取り、階数、駅から近い、築浅などです。。
写真を見ながら探していきますよね。

婚活サービスも同様に、
居住地、年齢、趣味、年収などなど。。
条件を入れ、出て来たお相手から
プロフィール写真を見ながら、お相手を探していくのです。

専用のアプリのため、
第三者がログインすることは出来ません。
登録をするためには独身証明書や収入証明書(男性のみ)が必要なので
お相手が実は既婚者だった!ということは無いのでご安心ください。

お相手を探すことができるシステム(アプリ)については、
イメージできたでしょうか。

次に、本題の「真剣交際」についてです。
真剣交際とは、お相手を1人に決めた交際のことを言います。

 

 

真剣交際に進むということは、ある程度の覚悟が必要なのです。
真剣交際になる=お相手が結婚を具体的に考えるお相手ということだからです。

真剣交際は、通常男性側から申し込みをするケースが多いのですが、
女性側になかなか受け入れてもらえない
ということも多いのが現実です。

 

 

そもそも男性は、お相手を段々と好きになるということはあまりなく、
お見合い以前の段階でお相手にはすでにほぼ一目惚れをしているからです。
男性側は、写真の段階で「この方と会いたいな・・」と思えばどんどん先に進むことができる状況ですが
ここでまず女性とはギャップが生じています。

 

対する女性側は、よほどのイケメンが登場したのならまだしも
通常一目惚れというのはほとんどなく、
お相手を男性として好きになるのには時間がかかります。
時間がかかるのは悪いことではありませんが、
お相手について「可もなく不可もなく」を繰り返してしまう女性が多いのも特徴です。

※参考ブログ
一目惚れをした経験はありますか?

「お相手から真剣交際を言われたとしても、
 まだそんな気持ちになれない。。
 もう少し時間が欲しい」
という意見は良く聞くのですが、
これは最も危険な回答になります。

 

そこに具体性がないことが多いからです。

 

 

 

 

婚活は「いい人がいたら結婚したい」と思って
気軽な気持ちで初めることは多いのですが
そこに落とし穴があるのです。

女性の皆さんは、「いい人」がどんな人なのか、
結婚相手を選ぶポイントも考えずに婚活していることはありませんか?

男性も真剣交際を、何となく言っているわけではないのです。
真剣に覚悟を持って真剣交際を言っていることを是非考えてみてくださいね。

待たせることが、不幸になることもあるということを考えて、
待って頂くようにしてくださいね。