嫌いな食べ物を言われた時、理由を聞いたことはありますか?

「お相手の気持ちがわからない」
婚活でのそんな悩みを解決する
埼玉県川口市の結婚相談所
Jun marriage婚活カウンセラー 泉淳子です。

今回は、嫌いな食べ物について
なぜお嫌いなのかと聞けるかについてです。

 

お見合いの席だと想像してみて下さい。

自分は、洋食よりも和食が好きだという話をしたところ、
お相手は、和食よりも洋食が好きだという話を返してきたとします。

その際に、「まずい話をしてしまった!」と焦ってしまい、
無理にお相手に合わせようとして、
「洋食もいいですよね」などとしてしまう方は多いのですが、
それはお相手に話を合わせているだけで、
なんとかつなぎとめようとする手段だということに気づいていますか?

 

 

 

何もかもお相手に合わせない、という姿勢では確かに問題です。

ただ、自分は和食が好きだと言っているのに、
お相手が洋食が好きだと言われた途端に、
自分の話を覆してしまうような会話は、
その場しのぎの会話なので、ちぐはぐになっていきます。

お見合いでこのような会話に心当たりがある人は、要注意です!!

これでは、ただお相手に合わせているだけで、
お相手を知ることも出来ませんし、
楽しくありませんよね。

 

では、どのようにするのが楽しい会話なのでしょうか。

 

「○○さんは洋食の方がお好きなんですね。
ちなみに和食はどのようなところが苦手なのですか?」
とダイレクトに聞いてみると、
お相手から何かしらの反応が来ます。

「実は、子供の頃に和食ばかりだったので
何となく洋食の方が好きというか食べたいなと思うんです」
というような返答が来たとしたら、
そこからまた新たな話題が展開出来ます。

「子供の頃、和食ばかりだったんですね。
どんな和食をよく食べていたのですか?」

「和食といっても、簡単なものなんです、
海が近かったので魚がよく夕食に出ました。
なので、ハンバーグとかシチューとかそういうのに憧れていたんです」

というようにどんどん会話が広がります。

 

変にお相手に合わせようとして、
洋食の話をしてしまうと
「共通点を見つけなければ!」などと変に焦るばかりで、
お相手にも焦りが伝わってしまい、
「無理に合わせてくれなくても・・」と思われて
お見合い後にお断りが来るというパターンになってしまうのです。

 

いかがでしたでしょうか。

お相手が苦手だというもの、嫌いだなと言うようなことでも
それはなぜなのか、なぜ嫌いになったのかなどを聞いてみることにより、
その人をさらに深く知ることもできます。

 

つまり、お相手にきちんと向き合い、興味を持つということです。

嫌いや苦手なことを聞いてくる人はあまりいないため
印象も強く残り、忘れられない人になることもあります。

 

婚活では、お相手に合わせようとするばかりの人がとても多いです。

婚活の目的は、当たり前ですが、
たった一人の大事にできるお相手を見つけ、
結婚することです。

結婚後も、ずっとずっとお相手に合わせてばかりいることが出来るのでしょうか、、

そんな生活が何年も続いたら疲れてしまいますよ^^;

 

お相手に無理に合わせないことをすれば、
今よりも婚活はずっと楽しいものになります^^