異性としてお相手を見られない時、交際終了にするべきなのでしょうか。。

「お相手の気持ちがわからない」
婚活でのそんな悩みを解決する
埼玉県川口市の結婚相談所
Jun marriage婚活カウンセラー 泉淳子です。

 

 

今回は、お相手の方に対して、良い方だとは思うけれど、どうしても異性としてみられない時、交際を続けていくのかそれとも終了にするのかについてです。

お話が上手で、フレンドリーで表裏がなくて、とても話しやすい方に出会うこともありますよね。

 

 

そんな時、最初はなんだか話しやすいなと思ってLINEも楽しいのですが。。

あれ・・?
なんだか友達みたいな感じがしてしまう。

女性としての色気とか。。
女性らしさとか。。
そういうことが見つからない。
女性として感じていないような気がする。

と感じた時、あなたはスッと我に返ってしまいます、、

「このまま交際していても、
なんだか友達のままで終わってしまい
女性として見れる日が来ないのでは?」

はい!
仰る通りですよね。

女性なのに、女性としてみられない友達タイプの女性は婚活市場に少なからずいらっしゃいます。

友達としか見られない女性の特徴として、
・女性らしい仕草がない。
・なんでも答えてくれて隠し事がない。
・そして、笑い方も女性らしくない。
・笑い声も大きい。

そうなんですよね。。
このような女性がいることは確かです。

友達としか見れない場合は、覚悟を決めるべきなのです。

一度、友達としか見れないと感じてしまうとそこから女性としてみる気持ちに発展することはとても難しいことです。

ここで、友達と結婚したいのか?
それとも女性と結婚したいのか?といった大きな覚悟を決めることが大事です!!

ちなみに、そのような女性からしてみるとあなたの方も友達としか見られないタイプということが多いです。

ただ、もしあなたがモテる男性で素敵なふるまいや、女性から素敵だなと思われる会話が出来るようならば。。

この関係はまた違うものになっていくでしょう。

 

友達としか見られないということはそこに緊張感がない!ということになりますね。

緊張感がない雰囲気からは、人の感情は動きづらいものです。

婚活は、恋愛とは違いますが結婚にむけての気持ちの変化つまり感情が動かなければ、二人の関係が発展することは難しくなります。

あなたが友達としかみれないような緩い関係、緊張感がない関係を最初から作ってしまってはいけないということです。

ガチガチの緊張感はいりませんが、緩すぎる会話からは発展はありません。

女性からいきなり「敬語ではなくて普通に話してほしい」などと言われる時も男性側からしてみると一瞬喜んでしまいがちですが、実はこれはとても危険なことなのです。

 

いかがでしたか?

緊張感がない関係性は楽しいけれども、結婚までに発展しないものです。

自分がお相手に対して女性を感じないのならば、あなたがお相手に男性を感じさせるようにしていくことが
成婚への早道になります。

モテる男性は、友達のようなふるまいはさせない力があります。
ちゃんと男性として見せる力があるのです。

婚活はすべて自分を見つめなおす活動だということを感じてくださいね!