③です。

同じ失敗はもうしたくありません。

今までもLINEのやりとりなどはチェックしてもらってきました。
そこそこできてはいたと思いますが肝心なところを落としていたと思います。

セルフチェックが出来ていませんでした。
泉さんにチェックシートを作って頂き、

振り返りミーティングをする事にしました。

そして、私のターニングポイントになる方とのお見合いの日が来ました。

年が明け1月5日(土)の事です。
“事前にプロフィールも確認した”、

“初めての場所なので、かなり早めにき来た”、

“それなりのイメージもできた”、
“お気に入りのシャツとネクタイで服装良し!”、

男とは単純なもので去年のスランプは何処へやら…。
とはいえ、待っている時間は緊張しないではいられません。
そんな時、お相手らしき方が近づいてきました。

自然と立ち上がってしまいました。

腕時計を見直しました。

“あれ?まだ20分前だ!”相手は遠くからお辞儀をしました。

私もお辞儀をしました。
その時点からお見合いが始まっているのでした。
席に着きました。

彼女は今までにない雰囲気を醸し出す方でした。

飲み物が来るまでのちょっとした時間において

会話がほとんどない状態ですが、
彼女は”空白の時間”を恐れていませんでした。
しかし、それが自分にとって何を意味するかまだわかっていませんでした。
今回こそ空白の時間を恐れて喋りすぎず、

“質問をして沢山話をしてもらって共感するよう心掛けよう”としました。
お見合いはそこそこいい感じです進んでいきましたが、
思いがけない事態が発生しました。

相手のプロフィールに対する質問
(彼女の家族のこと、趣味の料理)は準備してきましたが、
彼女は同じ内容で逆質問してきました。

想定外の質問で”実家は近いけどそんなには帰らない”
とか”何でも食べます”とか質問の意図を汲んでいない
回答をしてしまいました。
(その時点では自覚なし)
こうして”若干”早めでしたがお見合いは終了しました。
“まあできていないところもあったけどそこそこできたかな”、
“これくらいなら大丈夫かな”
と思ってましたが、早速返事が来ました

結果は”お断り”。残念な結果ではありますが、
不思議と落ち込んだりはしませんでした。
それとごろか冷静な自分がそこにいました。
“お断り”なら理由を聞いてそこで終わりです。
さあ”振り返りミーティング”始めよう”と思っていましたが、
“違う意味”でまだ終わっていませんでした。

彼女は私に対する感想を冒頭の”空白の時間”
より頭の中で作成していてお見合い中に
まとめあげお見合い終了後まもなく、
彼女のカウンセラーそして
私のカウンセラーの泉さんを通して報告してきました。

今、全てを思い出す事は出来ませんが、
よかったところ、残念だったところを報告してきました。
今思うと、全て的確だし、上から目線でもない。
残念だったところは、私は実家の側に一人暮らしをしていますが、
実家が近いと結婚後も実家との付き合いを
深くしなければいけないという
マイナスイメージを女性が思ってしまうため
あえて実家にはあまり帰らない
言ってしまいましたが・・

女性は家族を大事にしている部分に
優しさを感じるということを泉さんに
アドバイスしてもらいました。

また料理に関しても、
話の広げ方をア
ドバイス頂くことで
たくさんの気づきがありました。

これらのことをお見合いの時から
“感じる”事が出来ないで近い未来に
一緒になる事なんてできないですよね!
“今回までの”全てのお見合いで
最高に価値のあるお見合いだったと
今でも断言できます。
この経験及び反省を持って
明日もあるお見合いに臨むのでした。
そのお見合い相手こそ、今回将来を共にすることになる人でした。

 

【IBJについて】
お見合いの申込みに対しては必ず返事をして頂きたいです。
当事者にもいろんな事情はあると思いますが、
“モテる”人の最低限のマナーだと思います。
それが出来ない人って、婚活市場にいていいのかな?
と思う人も多いと思います。

婚活を通して感じたこと、気持ちの変化など。

以下の点が婚活を通じて出来るようになりました。
1)自分自身の立ち位置の把握、自己分析。
2)女性との会話の進め方
(話すこと、聞いてあげることのバランス。よく聞いてあげる事!)。
女性とは感性の守備範囲が異なる事を理解すること。
相手を考えてあげる事。今も成長中!

【婚活を考えている人、悩んでいる人に向けてのメッセージ】

婚活の後輩の皆様へ
部活の卒部生へのメッセージみたいになってしまいますが、
参考にして頂けたらと思います。
私達は皆、不器用な人です。
独力で成婚できるスキルはありません。
しかし適切なアドバイスを貰えれば成婚できるスキルはあるはずです。
1人で悩まないで下さい。
我々には”泉淳子”という名カウンセラーさんがいます!
だからこそ計画的に戦略立ててやっていかなくてはなりません。
“オレ流”、”アタシ流”ではダメなのです。
但し、自らのCHANGEは絶対必要です。
内面も外面もCHANGEできた人しか前に進めません。

私は多少成婚まで時間はかかってしまいましたが
CHANGEできたからこそ運命の人に出会えたと確信しています。

皆様には下記の3つのポイントは押さえて欲しいと思います。

①男性の皆様は空白の時間を恐れて
中身のない話題で時間を埋めないで下さい。
お見合いを重ねる事で”会話の泉”
(水脈ならぬ”話脈”)を掘り当てる訓練をして下さい。
一度掘り当てたら、あとは女性は流れるようにしゃべってくれます。
“しゃべりの流しそうめん”を美味しく味わえば良いのです。
だってしゃべりは女性の本能だから。
女性の皆様は男性のそれを感じる訓練をして下さい。
ここにはナンパ師のように口が達者な男性はいません。
目の前の男性は間違いなく実直な人です。

②男性はお見合い場所や初デートの場所は
道順や混雑具合も含め事前に下見して下さい。
前日までに都合がつかない方は当日少なくても
1時間前までに現地確認をして下さい。

私達はぶっつけ本番できるほどの自信家ですか?
当日の待合せ時間までに不安要素は1つでも消して下さいね!
特に席の予約のない(西)新宿(特に京プラ)でのお見合いなんて重たいハンディ背負っているのと同じです。
(IBJのお膝元なのに…(苦笑))
むしろ日程調整の際に”無理!”と言って調整をお願いして下さい。
これも下見と経験から得たものです。
ちなみに私は新宿開催は婚活第1期時代を含め全敗です。

③交際が成立して2、3回デートできたからといって安心しないで下さい。
こちらは準備万端でも相手はまだまだです。
男性と女性はスピード感が違います。
女性が結婚したいと焦りを感じる年齢と
男性が女性なら思っているそれとは異なると
感じました。
また”硬派”な自分で振舞って下さい。
“失敗談”なんて語らないで下さい。
相手がありふれた苗字でも”◯◯さん
(下の名前”で勝手に呼ばないで下さい。
そんなのは結婚してから毎日できます。(多分…)
常に自分自身を俯瞰して下さい。

それでは皆様、OBOG会でお待ちしております!

 

Sさんの成婚レポートいかがでしたでしょうか。

真面目なSさんは、お見合い場所にもとても早く着き、状況の確認もしていて
いつも素晴らしいなと感じていましたが、
そこはお相手の女性にとってはあまりプラスにはならないことがあるのです。

女性側は、男性側がそこまでしてお見合いに臨んでいることも知らないですし、
席はあるもの?だと思っている方もいます。

また女性が大事にしたいものと男性が女性が大事だと思っていることも思い違いもよくあります。
Sさんの例ですと、家族のことですね。
家族の悪口を言ってしまったり、誰かの悪口を言う人を誰も良い人だとは思いませんよね。。
悪口まではいわなくても、わざと言ってしまうということはよくないことです。

お見合いの席ではあくまで、お互いに紳士淑女に振る舞うのがベストです。
そして、何よりもお相手への思いやりの気持ちが大事なのです。
わざわざ、あなたのために時間を作って、お見合いに来ているということを忘れてしまいがちですが
当たり前のことではないことに気づいた方が、成婚への道は早いです。

Sさんは、自分はCHANGEしたから、運命の人に出会えたと仰っています。

計画的に戦略立ててやっていかなくてはなりません。
“オレ流”、”アタシ流”ではダメなのです。
但し、自らのCHANGEは絶対必要です。
内面も外面もCHANGEできた人しか前に進めません。

まさに、このことを実行されたからこその、
出会いでした!

当結婚相談所では、
あなたが掴んだチャンスを結果にしていくサポートがあります。

今までのサポートになんだか不満を感じている方・・
自分流でやっている方・・
とにかく上手くいかずに悩んでいる方・・

当結婚相談所は、先輩成婚者さんからの
アドバイスも受けられる環境をご用意しております。
Sさんは、
「自分のように悩んで上手くいかない婚活男性がいましたら是非、
お話をさせてください!」
と仰っています。

あなたのCHANGEした気持ちを是非、お聞かせくださいね^^

Sさん、改めて本当におめでとうございます♡